「おうち時間」の「動画視聴」を充実させるアイテム4選

サブカル

 

こんにちは、くるくるテンパ(@kurukrutenpa)です!

昨今「おうち時間」が増えて、動画視聴の時間も増えています。

なので、私がこれまでの「おうち時間」で愛用している、動画視聴に買って良かったと思えるアイテムを紹介しようと思います。

①ホームプロジェクター

値段:5万~10万円前後

投影画面サイズ:60~300インチ

ランプの寿命:約20000時間 (2時間/日、毎日使用で27年間) ←※光源がレーザー、LEDの場合

これからはテレビの代わりに一台あっていいと思います。

おススメ理由

白い壁壁から2mほどの距離があればどこでも設置可能
・スペースをとらない、掃除も楽
引っ越しの時も楽々運べる
・壊れても、ジモティーなどでタダで引き取ってもらえるかも

特に単身者引っ越しの機会が多いので、テレビよりプロジェクターです。

絶対に失敗しないホームプロジェクターの選び方

私が使用しているホームプロジェクター

BenQHPより引用

解像度:4K(3840×2160p)

明るさ(輝度):3000ルーメン

コントラスト比: 10.000:1

画面サイズ:30~300インチ

スピーカー内蔵: 5w×1

投写方式: DLP

購入して3年目ですが機嫌よく動いてくれています。
見た目も会社のプロジェクターみたいでなくgood!

置いている様子
裏面
使用中の映り方(夜・シーリングライトなし)

インターフェイスは
・HDMI×2個
・D-sub×1個
・USBタイプA、ミニBタイプ などです。

私はHDMIにAmazonファイアースティックをさして、もう一つはゲーム機(プレステもしくはswitch)につないでいます。

電源を入れると一緒に起動してくれるのでテレビと同じ感覚で使えます

大画面で観る映画もゲームは圧巻です。

解像度によって値段も仕様も変わってきます。下のページにまとめているのでまた見てみてください↓

② AmazonファイヤーTVスティック

Fire TV Stick
AmazonHPより引用
Fire TV Stick
プロジェクター背面

ホームプロジェクター買うならこれはもうセットですね。

プロジェクターにこれをつけるだけで家が映画館になります

契約していればこのスティックで、他の動画配信サービスも観れます

他に観れる動画配信サービス(要契約)

・YouTube
・Netflix
・U-NEXT
・dアニメストア
・ABENA
・Hulu

FOD
などなどアプリをダウンロードすれば他にも可能です。

ファイヤースティックの種類

AmazonHPより引用
Fire TV Stick
AmazonHPより引用
Fire TV Stick 4K Max

メジャーなのはこの2つ!↑

Fire TV Cube
AmazonHPより引用
Fire TV Cube

あともう1つ、「Fire TV Cube」があります。発売してからだいぶ経ちマイナーチェンジが行われていない、約15000円するハイエンドモデルです。

Fire TV Stick

Amazon|アマゾン Fire TV Stick – Alexa対応音声認識リモコン(第3世代)付属 ストリーミングメディアプレーヤー B09JDGYSQW

定価:4980円

サイズ:86×30×13mm

メモリ:1GB

ストレージ:8GB

Fire TV Stickの特徴

・メモリが1GBなので動作がカタつくことあり
・4K・HDR映像作品を観ないならコレでOK

私が使っているのはFire TV Stick 4K(1世代前)でメモリが1.5GBですが、たまにカタつきます

なのでメモリ1GBではかなりストレスになると思います

Fire TV Stick 4K MAX (おススメはコレ!!)

定価:6980円

サイズ:99×30×14mm

メモリ:2GB

ストレージ:8GB

Wi-Fi6対応:最新のWi-Fi規格、(※ルーターにも、その性能がないと速くはならない)

Fire TV Stick 4K MAXの特徴

・メモリが2GBなので快適
・4K・HDR映像作品が観れる
・Wi-Fi6対応(ルーターも対応している新しいものなら読み込みが早い)
現時点での最新機種

現時点で一番新しいファイアースティックになります。

性能もかなりアップされたので、コスパがかなり良いです。

Amazon Fire Cube

Amazon Fire TV Cube Alexa対応音声認識リモコン第3世代付属 ストリーミングメディアプレーヤー アマゾン Fire TV Cube

定価:19980円

サイズ:86.1×86.1×76.9mm

メモリ:2GB

ストレージ:16GB

Amazon Fire Cubeの特徴

・プロセッサ(CPU)がいいので動きが早い
・音声認識がありハンドフリーで検索できる
・4K・HDR映像作品が観れる
・Wi-Fi6非対応

値段が”Fire TV Stick 4K MAX”の2倍以上するが、値段の割に性能はそこそこ

「すこしでも読み込み速く、カタつくのは絶対嫌!!」

「アプリをたくさんいれて動画のダウンロードもしたい!!」という方にはおススメ。

後述するAmazonの「Echo Dot スマートスピーカー」があればハンズフリーで音声操作出来るので、どうしても値段の割にイマイチという評価になってしまいます。

③ サウンドバー

ヤマハ サウンドバー YAS-109 Alexa搭載

価格:1万~5.6万

サイズ:80~90cm

Bluetooth搭載:ほとんどの機種で搭載、めんどうな配線いりません

今はほとんどのプロジェクターがスピーカー内蔵です

ただスピーカーが付いていても、排気ファンと共に後ろ音がするのに少し違和感を感じます

私は気になったのでサウンドバーを買いました。

私が使用しているサウンドバー

私が使用しているのはこれです。

メーカーもよくわからないところでしたが約2年間、機嫌よく動いてくれています。

携帯からBluetoothをつないで、音楽を流すことも可能です。

④ Echo Dot スマートスピーカー with Alexa

AmazonHPより引用
私はこれを使っています

「アレクサ!今日の天気は?」
「アレクサ!〇〇の曲かけて!」
「アレクサ!30秒スキップ!(ビデオ視聴中に)」
といった感じで話しかけます。

私が使っているのは第三世代です。

洗い物料理の時に重宝しています。

定価:4980円 (※プライムデーの時に大幅値引きあり)

サイズ:43×99×99mm

Amazonプライム会員用のデバイスです。

エコーはいろいろ種類があって分かりにくいので、ざっくり3つに分けて説明します

Echo Dot 第3世代・第4世代(性能は最低限:普通のエコー)

上の二つは前期型と後期型というだけで値段が1000円ほど違いますが、性能(スピーカーサイズ)は同じです。

デザインの好みで選べばいいです。

Echo Dot 第4世代プレミアムサウンド (いわゆるミドルモデル)

Amazon アマゾン Echo (エコー) 第4世代 – スマートスピーカーwith Alexa – プレミアムサウンド&スマートホームハブ チャコール B085G2227B [Bluetooth対応 /Wi-Fi対応]

エントリーモデルの第4世代と似ていますが別物です。

 1つ上で紹介した
普通の方の第4世代
プレミアムの方の第4世代
サイズ100×100×89mm144×144×133mm
スピーカー1.6インチスピーカー3.0インチウーファー
0.8ツイーター×2
スマートホームハブなしあり
主な違い

・ウーファー搭載で、音質が充実
・スマートホームハブ搭載で、スマート家電の音声操作が可能

・大きさが違う(100×100×89mm、144×144×133mm)

Amazon Echo Studio (ハイエンドモデル)

値段が段違いで定価29980円です。

サイズ:206×175×175mm

スピーカー:5.25インチウーファー 2.0インチミッドレンジスピーカー 1.0インチツイーター

Amazon Music HD/Ultra HD/3Dオーディオ対応

かなりのスペックです。

もしこちらを購入するなら「サウンドバー」は不要ですね!

まとめ

4つ全部そろえると、どうやりくりしても10万は超えてきます。

ただ余程ヘビーに使わない限りプロジェクターは20年はもちます。(光源がレーザー、LEDの場合)

引っ越しの時も、テレビと違って持ち運びも便利です。←コレ意外と馬鹿になりません!

オンライン授業もプロジェクターで写すことによって勉強もはかどるかもしれません。

それでは、これでこの記事は終了です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

質問などありましたらお問い合わせフォーム、またはtwitterからご連絡くださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました